過払い請求できることに気付いていない人が多い

貸金業者からお金を借りていて、実は本人が気付かぬうちに、金利の払いすぎが発生しているということもあります。現在の貸金業者の金利を監督する法律は「改正貸金業法」ですが、ぜひ一度この法律を確認して、正しい法定金利を確認してみてください。

アイフルの過払い金情報サイトを使用する機会が増えています。

法定金利の範囲内あれば問題ありませんが、法手金利の枠を超える金利を支払っていた場合は、それらを過払い金として業者に返還を請求することができます。
正式にこれは過払い請求と呼ばれていますが、債務整理の一種で、法的にも返還請求することが認められています。でも、認められてはいるものの、それに本人が気付いていないせいで請求が行われていないことが多く、このことは一つの社会問題にもなっています。なぜ気付かないかといえば、一つは金利を扱う法律のことがきちんと債務者に向けて周知徹底されていないこと、そして、債務者の中にはいまだに出資法の上限金利が適用されていると思っていて、それが今は改正貸金業法に移行したことに気付いていないことなどがあります。

金利の上限については、かつての出資法の上限金利が廃止され、今は利息制限法の上限金利に統一した改正貸金業法の金利が適用されています。

したがって、出資法の上限金利が適用されていた時代に借金をしていた人は、相当な額の金利を過払いしている可能性が高いので、ぜひ改正法に照らして自分に過払いがないかどうかを確認してみてください。

そしてもし利息の払い過ぎが見つかったら、ただちに請求を行うようお勧めします。

その理由は、過払い請求には法律によって消滅時効が定められているからです。



それを過ぎてから請求することはできないので、急がなければなりません。

すごく便利なコトバンクに対する期待が寄せられています。